汗を流さず生きる世代の登場

 

<拝啓 昭和世代…>

2020年度の国内総生産(GDP)速報値は、実質前年比△4、8%と11年ぶりのマイナス成長でした……1955年の統計開始以来65年間で最も大きなマイナス成長であり、2021年の数字は更にそれを上回る予測です……過去一世代に経験する事がなかった時代の到来です。令翠学では、2009年を以って戦後の高度成長期~安定成長期~バブル期を通しての「生気の時代」の終焉を解いていますが……この時代を生きて来た昭和世代が既に通用しない事を理解しなければ、自らの未来に光はささないでしょう……戦前の価値観の親を疎ましく想いながらも、働き者の親を尊敬し従って来た戦後の世代…その親が学歴偏重時代の子供を育て…今その世代以降に新しい価値観が生まれようとしています。

<F・l・R・E 族>

「Financial Independence/Retire Early…経済的に自立した早期退職者」…欧米では若くして人生設計を立て、長期資産運用を早くからスタートする事は、珍しくも有りませんでしたが、あくまでも、長期資産運用で、自立した老後を送る事が目的であり、まさか俗に言う「働き盛り」の20代~30代で、現役を引退して資産運用益で生活をして、自分らしく~充実人生を⁉……特定の人々の中には、これといって定職に就かず、株の運用益や、不動産収益など不労所得で生活をしている人は、大昔から居ますが…F IRE族はその様な特殊な才能に恵まれた又は資産家ではなく、普通の若者なのです…企業に勤め、無駄をせずに5~10年で給与を投資に回し、資金6,500万(年間支出の25倍の資産)を築けば、年利4%の運用益で生活を賄えると言う考え方です…年間支出が仮に250万円なら、6,250万円の資産を築き年利4%で運用すれば理論上は資産を維持したまま生活できるというわけです……某TV番組のインタビュアーに応える若者は、27才で、この生活をしていました…ランニング姿の彼は(顔は伏せて)軽快でシンプルで規則正しい生活をしていました…驚いた事は、休憩で取り出したマイボトルの中身でした~彼は白湯を飲んでいて、インタビュアーの問いに「健康に良いので」…との答えでした。投資で稼いで、楽勝に一時の快楽を追う生活とは無縁の、生き方です。これから彼に訪れる50年以上の永き人生をどの様に過ごすか?など余計な事は考えても意味をなさないでしょう。

<giving  pledge…プレゼントの誓約>

2010年6月に、マイクロソフトのビル・ゲイツ夫婦と投資家のウオーレン・バフェットが始めた寄付啓蒙活動=ギビング・プレッジ…資産家が生前もしくは死後に自身の資産の半分以上を慈善活動に寄付する「プレッジ(誓約)」を宣言し、富裕層の寄付行為を促そうとする行為の推奨…マーク・ザッカーバーグ(Facebook)~イーロン・マスク(テスラ社)ジョージ・ルーカス~そうそうたる大金持ち、33才から101才の169人が名を挙げています。中でもビル・ゲイツ財団は、2017年(約5200億円)の寄付~WHOへの資金拠出は米国の拠出額(WHOで1番拠出国)を超え、世界一です…格差の極まり2021年は、時代の変容を容赦なく形で現しました……持てる者と持たざる者の時代へと……‼

Big Brother is Watching (you)とは? 『1984』の考察

米国で 最近良く売れていると言う、ジョージ・オーウェルのSF小説『1984』に登場する支配者…「ビッグ・ブラザー」とは、政府や有力者が全ての人々を監視している未来社会の支配者を指します…ユートピアの反対のデストピア(反ユートピア)小説と言われています……出版が72年前の1949(大運丑の年運丑)で、オーウェルは1984(大運辰の子の年)を想像してこの小説を発表しました…簡単に要約すると1984年の世界では、人々が息苦しい監視社会の中で暮らしていて、その様に警鐘を鳴らすストーリーです…本作執筆当時のオーウェルや英国の世相を振り返って観れば、第二次世界大戦の終わり1945(大運丑の酉の年)は、これから起きるであろう東西冷戦…「民主主義vs社会主義」への不安がこの小説を書くきっかけとなりました。オーウェルは発表の翌年亡くなっていますが、日本のみならず二度の大戦後でヨーロッパは疲弊し経済的にも政治的にも、その未来は希望に満ちてはいなかったのです。

1991(大運巳の未の年)のソ連崩壊を以って、民主主義は勝利したかに見えますが~果たして2021(大運未の丑の年)から観た未来は……ユートピアかデストピアか…⁉ 2016年のトランプ政権発足後急激に売り上げを伸ばしている小説『1984』~”監視社会”や”行動制限” がテーマですが、思想や言語、結婚~生活の物事に統制が行われている世界では、人間としての尊厳や人間性まで否定されると作者は警鐘を鳴らしています。オーウェルは英国の統治下のインドで1903年に生まれました(卯の冥令星)…権力がある時代の英国がわずか数十年で、身ぐるみを、剥がされた祖国から未来を観たのです。この小説では未来が”全体主義”という超管理社会になると予告しているのです…自由を謳歌し続けた米国から火が付いた事はうなずけます…元々軍事目的で開発されたコンピューターはこの半世紀で、様々な応用がされ便利になり、今の世の人々に広く深く浸透しました。

現在の世界を見回して観れば、各国の政府や企業がセキュリティー網への投資を強化する中…2021年迄に10億台以上の監視カメラが世界で設置される見通しです…大華技術(ダーファ・テクノロジー)~海康威視数字技術(ハイクビジョン)の中国勢2社が圧倒的なシェアを握り世界の40%を占めています…「世界の監視カメラ設置台数上位都市」20都市中16都市が中国です…又人口1000人当たりの設置台数でも、上位20都市の内18都市が中国の都市でした……ちなみに米国ではNYが最も多く約2、5万台で、日本では東京の約4万台です……オーウェルの小説の「ビッグブラザー」の肖像画のモデルは“スターリン“です。

令翠学では「申・酉大運時代」は、社会主義時代で権力者が世界を牛耳る時代と観ます…オーウェルの未来は、今そこにある危機に他なりません…情報管理社会の覇者は間違いなく「ビッグブラザー」なのです。

資本主義と文明の未来

<資本主義と “文明の未来”>

 

世界が迎えた『グレイト・リセット』…テックジャイアント5社「GAFAM」の時価総額は560兆円~Apple1社の212兆円はトヨタ1社23兆円の約10倍…そしてその総額は、東証1部2170社の合計をはるかに上回ります……富の偏在は、大運(辰)=1980年代の自由競争・金融経済から大運(巳)の90年代に入り、賃金主導型から利潤主導型成長戦略(グローバリゼーション)へ……つまり労働者の所得は資本家へ移動して、結果として、世界の総需要は縮小し大運(午)2000年代からの永きに渡るデフレは、大運(未)の年代で、世界を「不平等」という格差最大の極みに導きました。世界大戦の後、世界は新自由主義による金融経済へと姿を変えました…本来のお金はモノを交換する為のモノであるはずですが金融経済は、それ自体を増やす事に価値を探して行きました。利潤追求型経済に於いては、企業は利潤を増やすが、労働者は賃金が下がり所得が減ります…そして需要は縮小し、企業の製品は売れなくなり、需要を海外(外需)へ求め~更に人件費をカットし、生産拠点を移す~市場に金を任せれば…「富はしたたり落ちる=トリクルダウン」ケインズの経済学の古典『神の見えざる手』の理論は崩れました…しかしその後、実態経済が止まっても、資本家達は金融経済のアクセルを踏み続け、現在に至るまで効果的な手は打たれていません…ノーベル賞を受賞した学者でさえ、読めないのが経済。

<デジタルテクノロジーが生んだ “無形資産” >

Netflixや、zoom、Facebook、Googleなどの新たなビジネスの利益は労働者には行きません…不平等を加速させ、富を生むルールの変更の中で、「情報・通信産業」の登場はその後の産業構造を変えました…それは「無形資産」の登場です。土地や設備を始めとする資産なき資本主義→つまり無形資産産業です…GoogleやFacebookの優位性は彼らの所有する「無形資産」に支えられています…「知識資産」「評判資産」「関係資産」は今までの特許などに次ぐ新しい無形資産と言われるモノで、ICT革命~インターネットとコンピュータによる第4次産業革命と呼ばれるモノに他なりません……小売業・旅行業・航空業・銀行業~あらゆる産業はオンライン化を余儀なくされ、まさに「無形革命」で現在はまさにこの世界に於いてバブル的成長期を迎えています…

<進歩に見えない進歩= 循環 >

これからの社会は利便性は増すが、決して進歩はしていない…改良・改善社会であり、量的拡大は起きない…「循環型社会」になって行きます…資本主義経済で富を得た世界の資本家は多様な資本主義の見本として今までになかった「精神的規範」を要求される事でしょう…(2020,10月Google提訴=『反トラスト法違反の疑い』by米国司法省……資本主義も多様化し「ノルウェー・スエーデン型=福祉制度」…精神的規範=『禅的資本主義』⁇………世界は新しい資本主義の価値の模索を迎えています……資本主義という文明は進化して行くのでしょうか?

<アフターコロナを令翠学で分析>

<Evolution=進化>

Virusの故郷は、シベリアの水源地…『子=種子』です。世界の野鳥の多くは夏にはシベリアで、次の大旅行に備えて羽を休めます…そこでは自然界の交配が営まれ、尚且つVirus交換も行われます。鳥類は進化の過程で自らの細胞破壊をする事で膨大なエネルギーを生み出し、小さな身体で何万キロの大旅行を成し遂げますが…その長い進化の過程でVirusを受け入れ保菌しても、自らは犯されない細胞へと進化しました。その渡り鳥はシベリアから人間界に近い山野の哺乳類→コウモリにVirusを渡し(鳥類→哺乳類)交換~コウモリから地上の野生動物や家畜・ノミ・ネズミへと渡して行きます…人類が河川流域に定住し、農耕を営み子孫繁栄に励む中、共に共存共栄しています。そして世界の文化文明に見えざる役割の担い手であったのがVirusの存在でした。そもそも我々哺乳類の進化はジュラ紀(1億8400万年前)のデイープインパクト(惑星衝突)による環境汚染で、絶滅の危機に際し、胎盤を持つ事で生き残るという進化のおかげなのですが…その大進化をもたらしたのが、Virusの遺伝子を自らの遺伝子に組み込むと言う生命進化の中での出来事の結果でした。

<グローバル時代の幕開けはVirus⁉>

14世記 1346年(大々運酉・大運亥・年運戌)…モンゴル帝国が最もその版図を拡げ、その触手をヨーロッパへ向ける中クリミヤ半島のカッファでの攻防戦が、その後のアジア~ヨーロッパの明暗を分ける事になりました。長い遠征によるモンゴル兵の衛生状況の悪化により発生したペスト菌(腐敗した穀物により)で、ヨーロッパ侵略を断念したモンゴル軍は、そのペスト死者をカッファの城内に投石機を使い投げ込みました

結果その後ヨーロッパ人口の1/3が失われ、封建社会は緩やかに崩壊して行き、やがて大航海で、新たな新大陸へグローバル化への矛先を向ける事になりました。14世記のルネッサンスも又こうしたパンデミックが生んだ副産物であり、そのペスト大流行の最中「ダヴィンチ」「ミケランジェロ」「ダンテ」~が世記の大偉業を成しました。又それを支えてヨーロッパ1の大富豪「メデイチ家」は製薬業で富を築き隣国フランス~英国にその財で影響を与えました……「ルネッサンスとは再生・再開」であり、その後のヨーロッパは人口減少に伴い生産性の向上の結果18世記の産業革命へと繋がって行きます。

<Evolution=進化からRevolution=革命>

令翠学の分析では、2019(亥)~2020(子)~2021(丑)は(大々運寅・大運未)144年の周期において特殊な時代であり、特にこの三年は、天下分け目の大淘汰と解いています……自然界の法則下…いえ人類史における法則下では、再生するには破壊は必然!…2022(寅)より始まる再開時代に向け今静かに進化出来る人と取り残される人に振り分け作業は進行中……二度と過去には帰らない時代へと…さらに近未来に直面する「水危機」「食糧危機」を考えれば2030(戌)迄の環境回復は急務でしょう…世界で叫ばれるSDGsの最前線は一次産業(農林水産業)であり、アフターコロナで生まれるルネッサンスなのではないでしょうか?…世界の大国中国で発生したVirusはモンゴル時代とは大きく違い科学汚染由来で複雑です…今回は人類の勝利に見えますが、今後は科学技術と一次産業を世界規模で回復させなければ、次のパンデミックの勝利は?でしょう。大河の氾濫は~新たに強毒化した化学汚染Virusを生み、グローバル時代の終焉を告げました。現代のメデイチ家は既にSDGsを視野に動き出しています。母なる大地の甦り、再生再構築は待ったなし…世界の有機農業は1%未満…農耕民族の日本においては0,2%…海洋汚染による海温上昇がもたらす大洪水は、人災に他なりません…大きな危機には大きなチャンスが待っています、これは歴史の必然です!…人類は新たなEvolution~Revolutionへ向かうのです!

時代を観る 「米中冷戦」時代は繰り返す

「1989年6月4日」…大運巳(健康)・年運巳(健康)「天安門事件」

未の大運下の亥年(2019年)の亥の月(11月)を分析する上で、重要な年を振り返ってみましょう。それは1989年(大運巳の巳の年)です。この年に日本は、昭和から平成に御代がわり…消費税3%の初導入…そして世界の歴史が大きく変わった年でした。ソ連のアフガニスタン撤退を皮切りにハンガリー・ポーランド東欧諸国の革命~ついには11月10日、ベルリンの壁が崩壊して、東欧社会が独立に向けて舵を切りました。日本の国内ではあまり話題になりませんでしたが、同時にソ連の弱体化により、中央アジア…トルキスタン・タジキスタン・カザフスタンなどの国々も独立しました。中でも大事件は、北京で6月4日天安門事件がおきた事でしょう。ちなみに現在でも1989や64は中国のネットでは、検閲対象の数字です。日本に於いても、この事件に一定の配慮がされている事は周知の事実であり、粛清された人数さえ、封印されています。本国の一般の人々の間では「語ってはいけない」歴史の闇なのです。

「1990年」…「午-人気」…東西冷戦終結

6月にソ連のゴルバチョフが、全ての核兵器を廃棄し長い冷戦は終結し、10月には東ドイツが西ドイツに編入される形で統一しました。

「1991年」…「未-油断」…ロシア連邦崩壊

1月多国籍軍による空爆開始により、湾岸戦争勃発、9月バルト三国独立…12月ソビエト連邦崩壊…日本では後にバブル崩壊(平成不況)の長い停滞期への入り口でした。

「2019年11月…2020~2021年」…背信・令・精算

2019年…奇しくも、平成から令和の御代がわり…11月14日(卯の日大嘗祭)を迎える事になりました。消費税初導入の1989年から30年…10%は長き不況の究極の姿を露呈しています。そして隣国中国の世界包囲網は、米・英を中心とした中国民主化への序章であり、単なる経済戦争ではありません。1989年の天安門革命は、30年の経過で香港からの民主化運動へと繋がっていたのです。西側諸国は米国と既に連携し、中国の民主化に向け、香港・台湾の水面下の支援を拡大しています。日本は、30年前のバブル崩壊前夜(絶好調)から新たな世界を巻き込む大変動へ、再び 望まなくても巻き込まれており 既に舵は切られたのです。…オリンピックを、浮かれている暇は無さそうです。巳の大運で起きた3年間の出来事は、未の大運の亥の年の亥の月に大きく、新たな時代の転換期に突入した様です。2020~2021年我々は歴史に残る変革を観るのです。