<アフターコロナを令翠学で分析>

<Evolution=進化>

Virusの故郷は、シベリアの水源地…『子=種子』です。世界の野鳥の多くは夏にはシベリアで、次の大旅行に備えて羽を休めます…そこでは自然界の交配が営まれ、尚且つVirus交換も行われます。鳥類は進化の過程で自らの細胞破壊をする事で膨大なエネルギーを生み出し、小さな身体で何万キロの大旅行を成し遂げますが…その長い進化の過程でVirusを受け入れ保菌しても、自らは犯されない細胞へと進化しました。その渡り鳥はシベリアから人間界に近い山野の哺乳類→コウモリにVirusを渡し(鳥類→哺乳類)交換~コウモリから地上の野生動物や家畜・ノミ・ネズミへと渡して行きます…人類が河川流域に定住し、農耕を営み子孫繁栄に励む中、共に共存共栄しています。そして世界の文化文明に見えざる役割の担い手であったのがVirusの存在でした。そもそも我々哺乳類の進化はジュラ紀(1億8400万年前)のデイープインパクト(惑星衝突)による環境汚染で、絶滅の危機に際し、胎盤を持つ事で生き残るという進化のおかげなのですが…その大進化をもたらしたのが、Virusの遺伝子を自らの遺伝子に組み込むと言う生命進化の中での出来事の結果でした。

<グローバル時代の幕開けはVirus⁉>

14世記 1346年(大々運酉・大運亥・年運戌)…モンゴル帝国が最もその版図を拡げ、その触手をヨーロッパへ向ける中クリミヤ半島のカッファでの攻防戦が、その後のアジア~ヨーロッパの明暗を分ける事になりました。長い遠征によるモンゴル兵の衛生状況の悪化により発生したペスト菌(腐敗した穀物により)で、ヨーロッパ侵略を断念したモンゴル軍は、そのペスト死者をカッファの城内に投石機を使い投げ込みました

結果その後ヨーロッパ人口の1/3が失われ、封建社会は緩やかに崩壊して行き、やがて大航海で、新たな新大陸へグローバル化への矛先を向ける事になりました。14世記のルネッサンスも又こうしたパンデミックが生んだ副産物であり、そのペスト大流行の最中「ダヴィンチ」「ミケランジェロ」「ダンテ」~が世記の大偉業を成しました。又それを支えてヨーロッパ1の大富豪「メデイチ家」は製薬業で富を築き隣国フランス~英国にその財で影響を与えました……「ルネッサンスとは再生・再開」であり、その後のヨーロッパは人口減少に伴い生産性の向上の結果18世記の産業革命へと繋がって行きます。

<Evolution=進化からRevolution=革命>

令翠学の分析では、2019(亥)~2020(子)~2021(丑)は(大々運寅・大運未)144年の周期において特殊な時代であり、特にこの三年は、天下分け目の大淘汰と解いています……自然界の法則下…いえ人類史における法則下では、再生するには破壊は必然!…2022(寅)より始まる再開時代に向け今静かに進化出来る人と取り残される人に振り分け作業は進行中……二度と過去には帰らない時代へと…さらに近未来に直面する「水危機」「食糧危機」を考えれば2030(戌)迄の環境回復は急務でしょう…世界で叫ばれるSDGsの最前線は一次産業(農林水産業)であり、アフターコロナで生まれるルネッサンスなのではないでしょうか?…世界の大国中国で発生したVirusはモンゴル時代とは大きく違い科学汚染由来で複雑です…今回は人類の勝利に見えますが、今後は科学技術と一次産業を世界規模で回復させなければ、次のパンデミックの勝利は?でしょう。大河の氾濫は~新たに強毒化した化学汚染Virusを生み、グローバル時代の終焉を告げました。現代のメデイチ家は既にSDGsを視野に動き出しています。母なる大地の甦り、再生再構築は待ったなし…世界の有機農業は1%未満…農耕民族の日本においては0,2%…海洋汚染による海温上昇がもたらす大洪水は、人災に他なりません…大きな危機には大きなチャンスが待っています、これは歴史の必然です!…人類は新たなEvolution~Revolutionへ向かうのです!

時代を観る 「米中冷戦」時代は繰り返す

「1989年6月4日」…大運巳(健康)・年運巳(健康)「天安門事件」

未の大運下の亥年(2019年)の亥の月(11月)を分析する上で、重要な年を振り返ってみましょう。それは1989年(大運巳の巳の年)です。この年に日本は、昭和から平成に御代がわり…消費税3%の初導入…そして世界の歴史が大きく変わった年でした。ソ連のアフガニスタン撤退を皮切りにハンガリー・ポーランド東欧諸国の革命~ついには11月10日、ベルリンの壁が崩壊して、東欧社会が独立に向けて舵を切りました。日本の国内ではあまり話題になりませんでしたが、同時にソ連の弱体化により、中央アジア…トルキスタン・タジキスタン・カザフスタンなどの国々も独立しました。中でも大事件は、北京で6月4日天安門事件がおきた事でしょう。ちなみに現在でも1989や64は中国のネットでは、検閲対象の数字です。日本に於いても、この事件に一定の配慮がされている事は周知の事実であり、粛清された人数さえ、封印されています。本国の一般の人々の間では「語ってはいけない」歴史の闇なのです。

「1990年」…「午-人気」…東西冷戦終結

6月にソ連のゴルバチョフが、全ての核兵器を廃棄し長い冷戦は終結し、10月には東ドイツが西ドイツに編入される形で統一しました。

「1991年」…「未-油断」…ロシア連邦崩壊

1月多国籍軍による空爆開始により、湾岸戦争勃発、9月バルト三国独立…12月ソビエト連邦崩壊…日本では後にバブル崩壊(平成不況)の長い停滞期への入り口でした。

「2019年11月…2020~2021年」…背信・令・精算

2019年…奇しくも、平成から令和の御代がわり…11月14日(卯の日大嘗祭)を迎える事になりました。消費税初導入の1989年から30年…10%は長き不況の究極の姿を露呈しています。そして隣国中国の世界包囲網は、米・英を中心とした中国民主化への序章であり、単なる経済戦争ではありません。1989年の天安門革命は、30年の経過で香港からの民主化運動へと繋がっていたのです。西側諸国は米国と既に連携し、中国の民主化に向け、香港・台湾の水面下の支援を拡大しています。日本は、30年前のバブル崩壊前夜(絶好調)から新たな世界を巻き込む大変動へ、再び 望まなくても巻き込まれており 既に舵は切られたのです。…オリンピックを、浮かれている暇は無さそうです。巳の大運で起きた3年間の出来事は、未の大運の亥の年の亥の月に大きく、新たな時代の転換期に突入した様です。2020~2021年我々は歴史に残る変革を観るのです。

令翠学から観た「観光立国」「カジノ法案」

令翠学から観た「観光立国」「カジノ法案」

<観光立国への歩み…日本の人口の1/3がやってくる時代>

この10年足らずで、地方都市を訪れる観光客の数は、激増しています。中でもこの数年 倍々ゲームの勢いですが、駅やホテルなども邦人を対象と言うよりも各国の言語対応は勿論ですが、宿泊施設はインバウンド向けのリニューアルで、バスタブを除き、シャワーブースのみに仕様変更したり、明らかにこれら観光客に向けての外・内装です。デパートは国内向けのアピールよりも、韓国・中国人向けの売れ筋商材で溢れていますし…2016年に成立した「カジノ法案=IR」も急ピッチで進んでいます…日本を訪問する外国人の数は、2010年→約861万人~2015年→約1973万人~2018年→約3119万人…2020→4000万人⁈ と発表されています。国別で見てみると、1位=中国 (735万人)2位韓国 (714万人)3位台湾 (456万人)…以下 香港~タイ~シンガポールなどで、来日の約8割りをアジアの国々がしめています。訪問地の人気NO1は東京…京都は4位です。我が国を訪れるインバウンド客の増加は主要なマーケットのアジア諸国の経済が好調であること~格安航空会社(LCC)の普及~円安メリットが主な理由ですが…当然観光ビザの発給要件の緩和も一役をかっています。年間 約5兆円が我が国に落ちています

<日本人の海外旅行は ?>

一方日本人の海外旅行は、長期のデフレ(需要不足)で、1994(戌)の平均年収 約664,2万円をピークに2018(戌)平均約432万円(ー232万円)と落ち込み2014(午)を境に出国者は入国者を下回る事になりました。令翠学では右肩上がりの1950(寅)~1985(丑)からバブル期~バブル崩壊(1986~1997)そして現在通過中の大運未(2010~2021)…を分析していますが、事実を知れば…失われたモノは「国民の所得」に他なりません。1億総海外旅行は(午)の大運の2000年を持って伸び悩みです。世界一信用度の高い日本のパスポートはあまり活用されていないのです。ササヤキからボヤキ~そしてタメイキ…オーバーツーリズム(観光公害)に晒される日本人が 心から「オ・モ・テ・ナ・シ」出来れば良いのですが……⁈

<カジノ法案 IR(複合型リゾート)>

観光立国~カジノ法案=デフレ改善の奇策⁈…地方都市がこぞって挙手しているカジノ誘致は、国や自治体の思惑どうりとは行かないようです。(未)の大運(2010~2021)は富める者と困窮者に分かれる時代であり、詐欺や享楽に現実逃避する人々の溢れる時代です。治安悪化~経済効果の不明瞭の中、一か八か政府が賭けに出るのでしょうか?…格安航空で、溢れる観光客は かっての高度成長期の様なお金は落とさず(未=油断)の大運末期の外国人頼みの経済政策は文明没落への入り口と…ある哲学者は言う……勝手のローマ帝国~スペインは観光頼みの国々ですが、 何れも経済悪化の国々です。2022シビアな(申)の大運はすぐそこに待っています…益々 内向きの様相ですが、内需を担う政策は何処へ…⁇

時代を観る 令和に観る「日本人の気質」

 

<平らか成る 世から令しく和する代へ>

江戸時代の260年を除き、日本人は外来の“ 新知識 ”を積極的に吸収し、又そうした情報を 独自の解釈や味付けで、アレンジして来ました。それは単にモノマネではなく、より深く~より多様性を持たせて進化させて来ました。古来よりのこの独特の民族性は、一体何処から獲得した資質でしょうか?日本人のアイデンティティとも言えるルーツを考察して見ましょう。

<建国のに観る 国民性の違い>

ちなみにアメリカは建国243年(1776年7月4日)ですが、日本は建国2679年(紀元前660年)と言われています…アメリカ人の国民性は1620年のメイフラワー号のアイルランド移民を皮切りに、フランス・スペイン・オランダ~そして最終的には英国からの独立を勝ち取り、歴史上 初めて庶民による国家の設立を果たしました。有名な独立宣言「人民の人民による人民の為の…」つまりはっきりとした「理念」に基づき建国された為、アメリカ人は国家の危機や由々しき事態になれば、国民は一丸となりこの「理念」の元に「初期設定」されるのです。実にわかりやすい民族性です…かたや日本人は、そうは行きません…推定1万3千~5千年前に大陸より上陸し、多少の時間差でその後移動して来た人々と共に、この東の辺境のしかも“ 島国 ”に何となく住み始め~ほぼ単一民族で、歴史上 一度も植民地化される事なく、独自の文化を営んで来ました…つまりは「初期設定」に立ち返る事は難しく、そもそも「理念」に基づいた国家造りのスタートではありません。

<変化の仕方が変化しないのが、日本人>

無理矢理「初期設定」をするならば、17条憲法(604年)…「和をもって貴しと為す」と言うことでしょうか? 好奇心旺盛で、そのマイペースな気質は、防衛本能の究極の姿「無防備」!…長年 外来の知見に身を広げる方が、多くの利益をもたらす事を列島の祖先から延々と受け継いでいるのか?…いずれにしろ、先ずは、安定を確保し 劣性を逆手に取る巧みな「面従腹背」のメンタリティは、日本人の最も得意とする気質に他ならないでしょう…他国との比較でしか自国を語れず、空気を読むなど…何となく…相手の出方次第の国民性は、もはやDNAレベルの気質ではないでしょうか。何にでも「道」を付け、ボチボチと…日暮れて~道遠し、未だ未だ結論は先であろう…ロシアから声がかかれば、そちらを振り向き~中国からの触手も興味津々~アメリカからのラブコールは、捨て置く訳には行きません…結論を出す事は最も苦手な国民です…厳しい自然環境は私達を、弱くてもしたたかなまるで、子供の様な 民族に育んだようです。

文明と物明 転換の時代…(1)

<世界的に観られる“菜食ブーム=ビーガン”>

近年の世界的な食習慣、ビーガン・ベジタリアンの増加は、特に欧米の先進国で顕著ですが、その中でもアメリカにおいては2009年の時点でビーガン実践者はアメリカ全土で1%でしたが、2013年では2,5%…2017年には6%まで増加しています。人数としては2、000万人以上と言われていて、アメリカの菜食実践者の半数は35歳未満の若年層で国民の30%が野菜中心の生活をしています。又ドイツの全人口の約10%は菜食で、世界一ビーガンが住みやすい街のトップです。意識的に肉の摂取を控えた食生活(Low-meat diet)はもはや 世界共通の生活習慣の転換のみならず、意識改革レベルにキテイルという事です。

単なるトレンド以上のこの転換は、それぞれの国々が抱える健康上の深刻な問題が背景にありますが、その他の要因に 欧米諸国における環境問題に関する関心の高まり(土地・水の利用や温室効果ガスの問題)も忘れてはなりません。ここではミクロな視点ではなく、マクロな視点で、令翠学的に分析してみようと思います。

<陰陽理論からの考察>

人間(動物)は、植物に対して陽性です。……人間=陽性      植物=陰性

男性は女性に対して陽性です。………………男性=陽性     女性=陰性

西洋は東洋に比べて陰性です。………………西洋=陰性   東洋=陽性

欧米人は日本人に比べて陰性です。……………欧米人=陰性  日本人=陽性

(※陰性は陽性を、陽性は陰性を…求めバランスを取ろうとするのが自然の法則)

陰陽理論を時間軸で観てみると、現在は「陰・陰」世界は陰の極まり「極陰」を迎えています。陰 極まれば~陽に転じる…陽と言っても、正しくは「小陽から極陽」への入り口に向かっていると言う意味です。世界はグローバルという陰性の極致から徐々に小陽の世界へ、今から新たな 転換を迎えて行きます、拡大~拡散~分離の時代から 凝縮~圧縮・統合の時代に向かっていると言う事です。より多く~より広くから、より狭く~より深くへの転換です。世界の流れは ナショナリズムという「内向き圧力」へ移行している事は、周知の事実です。イギリス・ドイツ.イタリア・フランス…ヨーロッパの主要な国々は。極右政党の代頭を否定出来ません。又世界をリードするアメリカにおいてもその様相は顕著です(アメリカファースト=内向き)…宇宙の法則(自然の法則)下において、必然の流れでしょう。そこで話を元に戻しますと、本来欧米人は陰性体質ですから、陽性の肉食型になるのは必然で、攻撃的で社会的・活発な行動を取ります…一方日本人は陽性体質ですから、基本的には古来より菜食で、防御的で心理的・精神的行動を取ります。グローバル時代から徐々に内向き時代へと移行して行く時間に置いて、菜食という陰性食傾向は、今しばらく続くとは思いますが、敗者復活のサバイバル時代に突入すれば、世界は陽性食へと移って行くと思われます。しかしそれは 過去の人類が経験のない…人工的(細胞培養の肉など)で、味ではなく カロリーや栄養などから化学合成された食品~つまりは「餌」の様なモノになるでしょう。70億から100億の人口になれば、ソレを養う食料は地球上には無いのです。